サイト監修
HOME

インプラント,審美歯科,ホワイトニング,矯正歯科,世田谷区,インプラント治療, 西太子堂,池尻大橋 -知っておきたい自由診療!-

日本橋けいあい歯科けいあい歯科クリニック 鳩ヶ谷けいあい歯科クリニック 今坂歯科医院

予防サイト

デンタルクリン

様々なインプラント治療法

HOME»  様々なインプラント治療法

インプラントとは?

インプラントとは?インプラント(implant)とは、“植え込む”という意味の英語です。

古くから、歯が抜け落ちて無くなることは、人々の深刻な悩みの一つでした。歯が抜けると、物が噛めなくなり、物を噛まなくなると、食べられる食物の種類が制限され(柔らかい物ばかり食べるようになり)、そうすると、歯ぐきや顎の骨などが変形して口の中の健康まで維持できなくなります。

また、入れ歯や差し歯は、大きく口を開けたときに飛び出してしまうのではないか?口臭がひどいのではないのだろうか?という不安な気持ちを抱え、人と関わるのが嫌になったり、日常生活自体が消極的になったりと、心の問題にまで関わることが多くあります。

長年、歯科治療で主流なのは、抜けた歯を利用し、固定式のブリッジをはめたり、部分入れ歯にする手法でした。しかし、ブリッジ式にするには、健康な歯を削る必要があり、削られた歯は痛みやすくなってしまいます。そうなることで、更に大きな範囲のブリッジに作り替える必要がでたり、ついには全部の歯が駄目になってしまう可能性もあるのです。このような問題を抱える方のために、「インプラント治療」というものが開発されました。
インプラント(implant=植え付ける)とは、人工歯根療法とも言われ、失ってしまった歯の根(歯根)が埋まっていた顎の骨に人工の歯根を固定し、それを土台にしてその上に人工の歯を固定する高度治療方法です。

インプラントの仕組み

インプラントの仕組みインプラントの仕組みは、歯を失ってポッカリ穴が開いてしまった部分の顎骨へ穴を開け、インプラント体(フィクスチャー)と呼ばれる金属製の人工歯根(インプラント体)を埋め込み、その上に人工の歯を被せるしくみです。

顎の骨にしっかりとインプラント体を固定する事により、浮かない・ずれない・しっかりとした噛み心地を実現する事が出来ます。

 

■インプラントは3つの材料から成ります。

インプラント体
顎骨に埋め込み固定するための、人工歯根となる部分です。フィクスチャーとも言われます。純チタン製で、骨との結合がいいです。

アバットメント
インプラント体と義歯を固定するためのもので、インプラント治療の土台となる部分です。材質は金合金、チタン、セラミックなどで、インプラント体に直接差し込む形です。

人工歯
歯になる部分です。見栄え・強度などにより、金合金・硬質レジン(プラスチック)・セラミックなど、ニーズにより様々な材質で加工が可能です。

インプラントの強み

インプラント治療のなによりの強みは、浮かず、ずれず、力強い噛み合わせを取り戻せることです。審美的に見た目の美しさを追及できる点や、清掃が簡単に行える、様々な状態に応用が利く点なども挙げられます。

見た目の美しさを追求できます

多くの義歯のように、両隣の歯と連結するための金具がありません。また、人工歯で色味・強度など自然歯により近いものを作成できます。インプラント体にしっかりと固定されるので、人目を気にせず笑う事ができます。

健康な歯を傷つけずに済みます

従来の治療では、失った部分に義歯を再現するため、失った場所の両隣の歯を削り両隣の歯で支えるような形をとっていました。インプラントは両隣の歯を削らずにそのまま保存する事が出来るので大変画期的な治療法です。

浮かない・ずれない・衛生的

インプラントを数本用い、入れ歯を固定します。 通常の入れ歯とは違い、浮かない・ずれない・痛くないなど、入れ歯と比べ多くの強みがあります。また、隙間に食べ物が入らなかったり、入れ歯を外し清掃することができるので、衛生的です。人工歯で色味・強度など自然歯により近いものを作成できます。インプラント体にしっかりと固定されるので、人目を気にせず笑う事ができます。

噛み合わせからの視点

最終的にバランスよく噛み合わせるよう作成しますので、きれいな噛み合わせを実現できます。

 

※上記の『インプラント基本』はあくまでサイト監修である 医療法人社団 佳愛会所属医院でのインプラント治療に対する認識となります。

インプラントを応用した治療

歯を失った部分に人工歯根を埋め込むのがインプラント治療です。 その技術は様々な方法で応用でき、1本から数本の歯、あるいはすべての歯を失った場合にも、インプラント技術を応用すれば再び噛む力を取り戻す事が可能といえます。

インプラント技術の利点は、

顎骨に固定してしまうので、浮かない・ずれない・本来の安定した噛み心地を得られる。
隣接する歯に負担をかけることがない。
自然歯のような見栄えを得られる。

医療法人社団 佳愛会所属医院では、このようなインプラントの強みを応用して失った部分1箇所1箇所に植え込むのではなく義歯を固定するような治療を行っています。
これらのインプラント治療の方法をご紹介します。

歯を1本失った場合

歯を1本失った場合 通常のインプラント治療方法です。

歯を失った部分にインプラント体(人工歯根)を1本埋め込みます。
インプラントを用いない従来の治療方法では、両隣の歯を台形に削り、両隣の歯を支えにして失った部分を補うブリッジを用いて治療していました。
しかしインプラントを用いる事により、健全な歯を不必要に傷付けることなく治療を行えます。
 

歯を数本失った場合

数本失ってしまい広い幅で歯がなくなってしまった場合は、失った部分全ての部分へ1本1本植え込んでいくのではなく、歯が連結している義歯をインプラントで固定する方法をとります。
インプラントを用いない治療では、1本失った場合と同じように両隣の歯を削り固定したり、歯の裏側をまわりこむような形の大きな金具を使用して固定していました。
インプラントを用いると、健康な歯を傷つけることもなく、口腔内の煩わしい金具がなくなり、見栄えも良くなります。

全ての歯を失った場合

全ての歯を失った場合

歯を全て失ってしまった場合、インプラントを数本用いて義歯を固定します。 インプラントを用いない従来の方法では、総入れ歯となっていました。 インプラントを用いる事により義歯が顎骨へしっかりと固定されるため、ずれない・浮かない・痛くない、食べ物が入れ歯と口腔粘膜の間に挟まったりすることもなく、自然歯に近い噛み心地と力強さを取り戻せます。

 

 

※上記の『インプラント基本』はあくまでサイト監修である 医療法人社団 佳愛会所属医院でのインプラント治療に対する認識となります。
ページTOPへ戻る